渋谷で空を飛ぶサイトイメージ(公開終了)


山手線とYouTubeで流したムービー


風船で空を飛ぶ実験ムービー(ティーザー)


Staff
Creative Director: Sumiko Sato / +cruz
Digital Art Director/Planner: Shingo Ohno
Art Director: Gino Woo
Copy Writer: Shunsuke Iwai
Account Exective: Yuko Matsunaga
Digital Producer: Yoshikazu Ishihata
Event Production: Kohzo Asakawa (DNA Inc.)
Client Supervisor: Keiko Hirayama, Koji Baba (Google)
Web Site Integration: Masashi Kawashima (Google)
Mobile Site Development: Kaneuchi Yoshihiro
Print Production Manager: Yoko Onodera
Designer:Ayumi Ito, Tomohide Mizuuchi, Tomoki Uematsu
Illustrator: Kiyo Tokuda
Movie Production: P.I.C.S.
Video Recording/edit: Hidenori Ikeda, Takako Furukawa
Special Thanks: Hiroo Suzuki(KAYAC), Takako Saito(KAYAC)



企画概要
Googleの様々な使い方を解りやすく紹介するキャンペーン『Googleで、できること』の一環として行われたリアルスペースとwebの連動イベント。特設サイト(PC・携帯)から、みんなが検索すればするほど会場では風船が膨らませられ、希望したユーザーはその風船で実際に飛ぶことができました。

作品のアピールポイント
Googleには、PC版と携帯版があり、その両方のアクティビティを高めるための施策が必要でした。リアルスペースを使ったのは、主に携帯を使う若年層や、ネットリテラシーがそれ程高くない人々、要するに普段あまりPCの前にいない人々にも、改めてGoogle検索の便利さを知ってもらいたかったからです。
また、このような注目度の高いイベントを行うことで、サイトへの来訪を促し、その他の『Googleで、できること』についても知ってもらうことも目的の一つでした。


特記事項
風船で空を飛ぶという、誰もが一度は夢見た行為を現実のものにすることで、人々が抱く「難しそう」「ハイテク(自分にはよく解らない)」という、Googleに対するややネガティブなイメージを払拭し、より親しみやすい印象をあたえられたと思います。沢山のblogやSNSへの書き込みがありましたが、いわゆるネットに詳しい人々だけでなく、様々なタイプの人々が思い思いにイベントを楽しんで、そしてGoogleを好きになったと書いてくれていたのが印象的でした。

※『Googleで、できること』キャンペーンは現在も継続中であり『Launchi the site』から開く先は、渋谷のイベントの後に同じ内容でインターフェイスだけが変更された現在のものです。
また、『渋谷で空を飛ぶ』ページは、すでに公開終了しておりますので、このサイトに貼付けてあるイメージにてご確認ください。