Country        Japan
Client   グーグル株式会社
Product   Brand
Title   未来を選ぼう 衆院選 2009



CHALLENGE

政治家をめざす人と日本で暮らす人々との対話を
インターネットを通じて実現する。


THE IDEA
国政選挙における有権者の投票意思決定に、新たな選択肢をつくる事を試みました。有権者が本当に聞いてみたい質問Q(Question)を、Google モデレーターというプロダクトを通じて投稿、投票できる仕組みを作り、候補者の方々にその質問を投げかけました。候補者の方々からは、その5つの質問にYouTubeビデオで回答A(answer)していただきました。回答ビデオを、それぞれの選挙区の様々な情報とともに閲覧できるコンテンツを設け、投票所データベース等も作成し、選挙関連の情報を分り易く整理しました。
Google 未来を選ぼう 衆院選 2009





THE RESULT
150万を超えるアクセス数をあつめ、12のTV番組、30以上の新聞紙掲載、多数のインターネットメディアに取り上げられ、また関連ブログエントリーは4500を超えました。また、選挙以後、インターネットを活用した選挙のあり方について、公職選挙法の改正も含めて論じられています。